老齢年金繰下げ受給上限年齢が75歳に引き上げ

年金

現在、老齢年金の受給開始時期は、自身の希望により60歳から70歳の間で選択することができ、老齢年金を66歳以後に受給開始(繰下げ受給)する場合、年金額は65歳から繰下げた月数によって増額(1月あたり0.7%増額)します。

年金受給権者自身の就労状況等にあわせて年金受給開始時期を選択できるようにすることを目的として、令和4年4月から繰下げの上限年齢が70歳から75歳に引き上げられ、年金の受給開始時期を75歳まで自由に選択できるようになります。

対象となる方は令和4年3月31日時点で

  • 70歳未満の方(昭和27年4月2日以降生まれ)
  • 老齢年金の受給権を取得した日から起算して5年を経過していない(受給権発生日が平成29年4月1日以降)

現行:増額率上限42%(60月) 改正後:増額率上限84%(120月)

 [例:年金額180万円の方が75歳まで繰下げた場合]

繰下げ待機10年後、本来の年金額が180万円ならば(180万×1.84)331.2万円 75歳から受取れます。後は、平均余命を考えて

老齢年金の繰上げ減額率が見直されます

現在、老齢年金を65歳前に受給開始(繰上げ受給)する場合、年金額は繰上げ請求した月から65歳到達の前月までの月数によって1月あたり0.5%減額(最大30%減額)します。

令和4年4月から、この繰上げ受給の減額率が1月あたり0.5%から0.4%に変更となります。

対象となるの方は令和4年3月31日時点で、60歳未満の方(昭和37年4月2日以降生まれの方)です。昭和37年4月1日生まれの方については、現行の減額率0.5%から変更はありません。

改正後:最大減額率24%(昭和37年4月2日以降生まれの方)

繰上げ受給する方は受給金額がそれで決まりってことだからよく考えてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました